よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、

数年前の話になりますが、車を買い替えることにしようと思った

数年前の話になりますが、車を買い替えることにしようと思った際、より高い価格で買取してもらえる業者を探していた時期があります。



その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく見比べた上で、車一括買取サイトで買取の申込を行いました。


思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、中古車の査定相場は時期によっても少し異なるようです。トラックといえば昔からホワイトが不動の一番人気です。
ところが、トラック以外で言えば査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。売れている車の色、つまり「定番色」が車買取においても人気の高い色だと言えます。たとえ同じ色だとしても、パール系やメタリック系の色の方が、それ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。

メーカーが発売した限定色の場合も、高く買い取ってくれる場合があります。

私の車は以前、事故に遭っており、その時にフレームを直してもらっており、査定条件として「修理歴有り」です。しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。業者に買取を依頼する際にそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。それらのリスクの大きさを考えると、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

車をなるべく高く売るには、買い取り価格を調べてもらうことが賢いやり方です。
近頃はネットで簡単に査定をいっぺんに受けれます。
必要事項の入力を最初だけして申し込むだけで、いくつかの業者の買取査定を明確にすることができます。複数の業者の中で一番査定額が高い会社に売るのが賢いのです。

私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町です。

窓からは広く海を見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、それなりに、快適に過ごしているのですが、難点は、車が潮風でボロボロに傷んでしまいます。
ここ以前に住んでいた海から離れた場所では、車がボロボロと錆びてしまうなんてことはおそらくなかったことです。


今乗っている愛車は車下取りに出してしまって、きれいな新車を手に入れたいところです。事故で壊れた車は廃車にするより査定を受けた方が絶対にお得です。
事故で故障した車には値打ちがないと推測するかもしれません。
しかし、事故車であっても、パーツとして使える部分がたくさんあり、国外でのニーズが期待できるのです。それに加えて、事故で損傷を受けた車でも専門業者が修理すれば再び乗れるようになるケースもあり、考えていた価格よりも高値で売却できることもあります。

中古車を売却する時に車の査定を高くする秘訣があります。
まず車を売ろうと思ったら、できるだけ早めに車査定を受けることです。車は新品であるほど高く売れます。そして、車査定を受ける前に車を綺麗に洗車を済ませておきましょう。車外のほかにも、車内も念入りに掃除して、臭いを取るのも重要な秘訣なのです。車の買取査定の話なのですが、昨夏に愛車の日産エクストレイルを売却するために、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。



ネットの査定サイトで一括査定を依頼しました。
業者の中で一番高く買い取ってくれた専門業者の人に教えてもらった話なのですが、買取の時期によって、査定額が変わるそうなんです。

私が買取してもらったエクストレイルを例に出しますと、アウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。ですので、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、今後の買取の参考にしようと考えています。